自動車リース業40余年のノウハウと実績

導入メリット

  • HOME »
  • 導入メリット

リース導入メリット

オートリースには管理上、経理上、財務上と様々なメリットがあります。

オートリースの種類

メンテナンスリース

リース会社が車両代・税金・保険費用・車両の維持管理に関する一切の費用、点検整備・継続車両整備・故障修理・代車提携等の費用を負担する方式です。

メンテナンス内容の一覧はこちら

メンテナンス内容一例
スケジュール点検整備 継続車検整備
定期点検整備 オイル交換・油脂類補充
タイヤ交換 一般整備
バッテリー交換 各種消耗品
パンク修理 巡回サービス
保険業務代行 代車提供

ファイナンスリース

リース会社は車両代・税金・保険費用のみを負担し、車両の維持管理に要する費用はお客様が負担する方式です。

オートリースに含まれる費用一覧表

管理上のメリット

複雑な車両管理業務を大幅に削減できます。

ディーラーとの価格折衝と支払い、各種税金の支払い、保険加入および期日管理、また点検・整備・継続車検・修理などの複雑な管理業務が一挙に軽減されます。

オートリース採用後の代行業務一覧

車両の稼働率が向上します。

保守サービスが定期的に実施されるので、安全でしかも効率よく車両を利用できます。

万一、事故が発生してもスムーズに対処できます。

専門スタッフが迅速・的確に対応して示談・保険手続などを保険会社と一体となって処理します。
弊社取扱いの保険については別途、弊社保険専用ページをご参照ください。
協和自動車・保険専用ページ

車両に関わるコストが明確になります。

毎月のコスト管理はリース料とガソリン代、駐車代を把握するだけです。

維持管理業務を削減定期的な保守を実施
事故にもしっかり対応車両コストが明確

経理上のメリット

リース料は全額経費処理できます。

毎月のリース料は、税法上全額必要経費とすることができ、節税効果が期待できます。

原価意識が高まります。

車両コストが明確になるので社員の原価意識が向上します。

車両に関わる予算策定が容易になります。

リース料が一定ですので予算計画を立てる際に車両に関わる予算策定業務が容易になります。

車両の使用に伴う経費の均等化が計れます。

車両コストは、リース料にまとめられ、期間中一定ですので、リース期間を使用年数に一致させることにより、経費の均等化が可能となります。

リース料は経費処理予算が定額で明確に

車両コストを定額に

財務上のメリット

資金調達が不要です。

車両導入時、リース料以外の資金は、全額リース会社が負担しますので、100%の融資効果が得られます。

資金の有効活用ができます。

リースを使用することにより、資金の固定化を防ぎ、余った資金を有効に活用できます。

車両購入の資金不要残りの資金を有効活用

リース料の計算方法

◆リース料=車両総費用(車両+税・保険+メンテナンス)費用ー残価+金利/リース期間

リース料の計算方法

リース料の計算方法

カタログ、お見積りのご依頼もお問い合わせよりご連絡ください TEL 03-3862-8601 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 協和自動車株式会社 リース保険部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.